ワキガに気付いた時

私は、学生の頃からワキガに悩まされてきました。

 

ワキガになった原因はおそらく遺伝だと思いますが、詳しくはよくわかりません。

 

高校生の時にクラスメートから「お前ちょっと臭いよ」と言われ、その時に初めて自分がワキガなのだと気付き、そして悩み始めました。

 

ワキガ対策

そのワキガは現在も治っていませんが、ワキガを少しでも軽減できれば良いとポジティブに考えてみることにしました。

 

私が現在行っているワキガの対策法は、お風呂に入った場合、シャワーだけで済まさずに必ず湯船に浸かること。

 

シャワーのみと湯船に浸かるとでは、臭いがまったく違うらしいです。

 

更には夜更かしはしない、夜更かしに関してはワキガだけではなく、健康にも良くないですよね。

 

あとは腋毛を剃る、腋毛が無いのとあるのでは、臭いがする範囲が違うらしいです。

 

そして、私はミョウバン水を使っています、ミョウバンはスーパーで安く手に入る商品ですが、実はミョウバンにはワキガなどの臭いを消す効果があるらしいので、それをお湯に溶かし、そのミョウバン水を携帯用スプレーなどに入れて、持ち歩いています。

 

これなら、臭いが気になる時にいつでも脇をシュッシュッとできますからね。

 

ワキガ対策の注意

ただ、脇の臭いを消すために、ミョウバン水ではなく、制汗スプレーや香水を使っている方も多いと思いますが、あれはワキガではない人には効果があると思います、しかしワキガの人にはまったく効果はありません、むしろワキガを悪化する恐れがあります。

 

学生の頃、同じクラスにかなり強いワキガを持つ女子がいたのですが、その子が制汗スプレーを脇にかけると、ワキガの臭いと制汗スプレーの匂いが嫌な感じで絡み合って、その強烈な臭いが教室中に充満していた事がよくありました。

 

これは私自身も体験した失敗談で、私自身も制汗スプレーをよく使っていたので、クラスメートを同じような目にあわせていたと思います。

 

ワキガの人は制汗スプレーなどを使わない事が臭いを悪化させない一番の方法だと思います。

 

現在の悩み

ワキガは現在も治っておりません。

 

思い切って、ワキガの手術などをしてワキガの臭いを無くす事も考えましたが、費用や術後の経過など不安もあり、実行には至っていません。

 

ワキガの臭いをしていたら、当然異性にはモテません、現在はそれが一番の悩みです。